HOME » 家づくりを託したい!東京の人気建築家12選 » 佐藤 秀

佐藤 秀

「佐藤秀」の代表的な作品

「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品
和風庭園に映える、重厚感ある落ち着いた印象の住居。庭を中心にして部屋を配置、各室が連続性を持った回遊式の設計になっています。全体的にヨーロピアン調のモダンな内装の中、和室のみを伝統的な様式美で仕上げているのが際立ちます。
「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品
創業者佐藤秀三が得意とした、大屋根のダイナミックなデザイン。「佐藤秀調」と呼ばれる独自のデザインの住宅です。屋内には木の表情を生かし、玄関に栗材のブロックを敷き詰めています。家具や照明も佐藤秀三のデザインを再現させた、完全オリジナルメイドです。
「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品 「佐藤秀」の代表的な作品
外観・内装ともシンプルでシャープな印象の、都会的なデザインの住宅。通風や採光を生かすため平面から見るとH型に設計されているのが特徴的です。パティオや中庭を設けることで、各部屋とも2面からたっぷり採光が得られるように設計されています。

「佐藤秀」プロフィール

「佐藤秀(さとうひで)」は建築家・佐藤秀三(さとう ひでぞう・1897〜1978)さんが1929年に設立した、総合建設会社です。

設計事務所 株式会社 佐藤秀
所在地 東京都新宿区新宿5-6-11
略歴 ・1914年・・住友総本店営繕課に入社、住友銀行東京支店などの建設に従事。
・1929年・・佐藤工務所を創業、建築事業を開始。
・1937年・・有限会社佐藤秀工務店に改組。
・1948年・・株式会社に改組。
・1971年・・清村数明が社長に就任。
・1976年・・遺作となった日光プリンスホテルを建設。
・1978年・・佐藤秀三死去。
・1994年・・称号を「株式会社佐藤秀」に変更。

実績

「佐藤秀」創業者の佐藤 秀三さんは存命中は「建物はお客様のために作るもので、私の作品のためではない」として作品集の出版を固辞し続けましたが、没後に建築雑誌などで多くの作品が紹介され、中には文化財の指定を受けたものもあります。

【受賞歴】

・1967年・・神奈川建築コンクール個人住宅部門優秀賞。
・1979年・・東京建築賞優秀賞。
・1979年・・社団法人建築業協会BCS賞。
・2003年・・志賀アルペンローゼ(1938年)が山ノ内町の有形文化財に指定。
・2004年・・住友俣野別邸(1939年)が国の重要文化財に指定。

こだわりポイント・特徴

自分の設計を納得のいく形で完結し、自分の設計に最後まで責任を持つためには自ら施工を手掛けなければならないという強い信念で、施工まで手掛ける建設会社を興したのが大きな特徴と言えるでしょう。佐藤秀三が生涯貫き通した「お客様にとって真の価値あるものを誠心誠意作る」という姿勢は、現在も「佐藤秀」に受け継がれています。

得意とするデザイン

日本古来の建築に西洋建築を織り込んだ「和魂洋才」の独特の感性が特徴です。独自の世界観で設計された建物は「佐藤調」「佐藤秀調」などとも呼ばれています。